Wake me when you need me




2015.09.12  「MYZR」

アイザーマン博士は第1世代型VRであるバイパーをテストベッドに
数種の新型機体案を検討した
遠隔地への迅速な投入を可能にする機能性を重視し
高速巡航用の可変機構とVR単体での定位リバース・コンバートをそのテーマとした
マシュー大佐と接触して得たVRの膨大な実戦データを入手しそれらは実現する
YZR-3900の誕生である
マイザー39と呼ばれる機体はその後多くの系統が生まれ
多様化する用途に対応すべく様々な形で手が加えられていった

YZR-8000Δ 

ということでマイザーを描きました
こちらは8000系になります
打撃艦隊フォースでの運用を想定した艦載機で
高速巡航能力は勿論
単機による定位リバースコンバートが可能な高機動型VRであります
汎用性の高い基幹機種として各星圏で主流となりました
マイザーと言えばこの機体
というかゲームでは殆どこれだけですが
ハセガワから立体化された時は感動したものです

YZR-7700 H/r 

こちらは7000系になります
マージナルやマシュー大佐の火星艦隊に供給された機体で
艦載機仕様の後者は通常の7000系と区別して7700系と呼ばれました
ブロックHを改修した7700系は7700Hと命名され
マシュー艦隊の主力VRとして活躍しています
YZR-8000Hとは外見上の差異は無く
通常はどちらもマイザーHと呼称されます
(※ただし8000HはGFT爆雷が使用できない他ペネトレーターとの連携機能も限定されている)
普通にイータ描いてもレブナントが異なるくらいなんで
ガキバ・マシュー機として創ってみました
火星艦隊の第713/4戦闘攻撃隊機という設定です
指揮官機ということで頭部のギアがコーン型だったり
胸部装甲が標準より厚かったりします
オリジナル設定ではサイファーやマイザーを率いているというだけで
明確に搭乗したりするような描写は無いんですよね (カゲキヨには乗ってましたが)
7700Hに指揮官機があるのかもわからないし
完全な妄想で御座います

YZR-8004 Δ/R FB 

こちらは8000系の中でも特別な機体です
フェアー・ビアンカと呼称される独立部隊「あえかなる薔薇」のリーダー機で
通常とは異なる装備が施されています (性能自体は商用量産型と殆ど変わりないそうです
シルビー・ファング機として描いてみました
説明不要の毒蛇…いや
薔薇の三姉妹の機体ですね
マイザーをやるならこれは絶対に描きたかった
ので手を動かしたはいいものの
やたらと複雑な薔薇のマーキングとか
標準とは全く異なるカラーパターンとか
描足しだけでは済まない工程が重なって
もの凄く苦労しました
ほんとはデボラやジェニファーも描きたかったんですが…
またの機会にします
目元の泣きぼくろがチャーミングに見えるかしら

VIPER / CYPHER 

マイザーはテムジンと平行してデザインしていたのですが
とにかく上手く行きませんでした (2014.12.30参照)
やりたいことは決まっているのに妥協できるラインが見えてこない
悩んだ末に思い至ったのは
三世代のVR全てを作った上でもう一度記号やパーツを再構築することでした
いきなり第3世代だけ掬おうとしてもそりゃ無理だぜ
ちゃんと順番にコツコツやれば
なにか見えてくるかも?
そう思い励んでいたのが画像のバイパーやサイファーです
電姫としてのレギュレーションを保ちつつ
マイザー独自のフォーマットを模索して行きました

VIPER 540 / MYZR 

バイパー540と
一応の決着を見たマイザーのデザインです
可変機構どうしようとか
そもそも人型で高速巡航…?
等々まだ改善の余地ありですが
一旦はこのへんで折り合いをつけたいと思います
他の機体も描きたいですしね
540は三姉妹の旧機体とか
鹿之助でSHとかやってみたいですね
三世代の中ではやっぱりサイファーが好きだなぁ
第2世代VRのデザインはほんとカッコイイと思うのです

Series 

マイザーの系譜図のようなもの
とんでもない数の機種が存在するので
分かりやすいように情報を整理していました
現状ではビジュアルの公開されていない機体や
未だ詳細の不明な機種が入り乱れている上
派生機体も多く存在します
第3世代機なんかは今尚設定が更新され続けるので
追うのに一苦労

ライデンなんかもそうですが
VRの設定は何れも膨大で
これだけでも一冊の開発史として本が欲しいくらいです

overlord 

作業中に行詰って描いたラクガキ
overlordのアンベルWさんです
ドラマCDでシルビーを秘書にして
イチャイチャにゃんにゃんしていたことしか覚えていません
いや…もの凄く重要なキャラクターですが
もうそのイメージしかなくて
さて
今回は時間を掛けすぎました
途中環境の変更に伴い
全て描き直すこともあったり
相変わらず思うように進められません
そうしてゆっくり描いていたら
なんと今年でバーチャロンが20周年だとか
あのゲームセンターの衝撃から20年ですか
なんで時を経てVRを女の子にして喜ぶような駄目な大人になってしまったんだろう
いやいや
90年代後半にはそんな人が沢山居たんですよほんとに
今じゃほぼ見かけませんが…
ハセガワから記念キットも出るそうですね
なんとマイザーだそうですよ
ううん
積みプラがまた増えてしまう
ワンマンレスキューもまだまだ控えているので
今後もバーチャロンを楽しめそうです
次は何を描こうかしら

またどうぞ



2015.04.08  「INPUT DEVICE」

相変わらずのスローペースではありますが
ちょこちょこラクガキをしながら日々を凌いでいます
最近は作業環境の改善に尽力しておりまして
長机を二台並べることから始まり
PCの力不足を感じて新たに一台組んだり
ペイントツールの操作効率を上げる為に左手用の多機能入力デバイスを導入したり
そもそもの制作工程自体を根本的に見直したりと
手をつけるなら全部変えてしまえーってな具合に
状況の最適化を繰り返しております
これだけやればラクガキもどんどん出来上がるっ!
かというとそうでもないのですが…
合理化を図るのは描きやすさにも繋がる筈です

BLUE Light Emitting Diode 

画像は机に増えた道具
言わずと知れたNostromoとPowerMateです
何故無駄に光るのだろう (やったーかっこいー)
キーボードさえあればこんなもの必要ないと思っていた人間ですが
とんでもないですね
触るとその便利さに驚きました
どちらも結構古いものです
もっと早く導入しておけばよかった
未だにペンタブがIntuos3ですが
全く壊れてくれないので買い換える必要も無く長い付き合いになっています

Vixen 

ラクガキも晒しておきます
偶にはなにも考えないで自由にやろうということで
練習で描いたキツネな女の子です
ケモミミは大きくて厚いふわふわした形状が好みです
勿論尻尾はもふもふです
一口にケモミミといっても個々人で趣向が違うのが面白いですよね
線画はアナログで描くことが多いのですが
これは初めて全ての工程をデジタル上で行いました

MAROONED 

関連したラクガキ等です
キツネの子は本来全身をメカで覆われているデザインです
他にネコやイヌも居るみたいです
何れもかなり古いもので
叩き台として試験的に描いたものです
この副産物から得た効果や試みは
電姫に少なからず反映されております

Modify 

こっちもちまちま進めておりますが
相変わらず修正ばかり繰り返してます
ゴールが見えないものですから
進んでるのかどうかすら分かりません
無い頭を絞ってブレイクスルーを手繰り寄せたい次第であります
前述した環境の改善や
工程の見直しを積極的にしつつ
今後もゆっくり描いていきます
よろしければお付き合い下さい
またどうぞ



>> 2012/05-00 >> 2012/10-12 >> 2013/01-05
>> 2013/07-12 >> 2014/03-12 >> 0000/00-00
>> 0000/00-00 >> 0000/00-00 >> 0000/00-00


mini-counter